デリケートゾーン黒ずみ解消

デリケートゾーンの黒ずみを美白にするための対策と方法

デリケートゾーンの黒ずんでしまう原因とは?

デリケートゾーンが黒ずんでいるとどうしても遊んでいると見られてしまいがちです。彼氏にこんなイメージを持たれると顔合わせづらくなってヘタをすると距離を置かれてしまうことにもなりかねません。彼氏とのイベントが始まる前にデリケートゾーンの黒ずみを薄くしてみてはどうでしょうか?

デリケートゾーンが黒ずんでしまう原因は主に3つ

  • 摩擦による刺激
  • ターンオーバーの乱れ
  • かぶれ亜鉛使用による黒ずみ

これらがデリケートゾーンを黒くしてしまっている原因です。それぞれ特徴がありますので詳しく見てみましょう。

デリケートゾーンが黒ずんでしまう理由としてまず考えられるのが摩擦による刺激です。

摩擦は私たちが普段着ているお洋服や下着によってもおきてしまっています。脇やVIOラインなど手や足の付け根部分は特に皮膚の厚さが薄いので少しの刺激で黒ずんでしまいがちです。

手と足の付け根は普段から摩擦がある部分です。デザインを重視した下着やお洋服はどうしても体型を補正するようなデザインになっています。体が圧迫されるようなきついデザインだとそれだけお肌との摩擦を生み出し刺激を与えてしまいます。

かぶれや炎症も原因のひとつです。脇やVIOラインに多いのですが、手や足の付け根部分は特にムレやすくなりがちです。素材にもよりますがデザイン性を重視した洋服や下着というのは通気性が良くないことが多いです。そのため、ただえさえムレやすい場所がさらにムレやすくなります。

お肌はムレるとかぶれを引き起こします。お肌がかぶれるとかゆみを伴い悪化すると炎症を起こしてしまいます。なのでかぶれや炎症は黒ずみの原因です。かぶれた部分に下着やお洋服などの摩擦が加わるとさらに悪化してしまうこともあるので注意が必要です。炎症は皮膚にとって大きな刺激です。

ターンオーバーが乱れるとメラニン色素がいつまでもお肌の中に滞ってしまいます。ターンオーバーが正常であればお肌の中にできてしまった黒ずみは最終的に角質と一緒になって剥がれ落ちてしまいますが、ターンオーバーが乱れてしまうと、いつまでもお肌の中に残ってしまいます。ターンオーバーを乱れさせる原因は生活習慣の乱れや食生活の乱れ、ストレスやか酒タバコなどです。

デリケートゾーンの黒ずみを美白にする方法

美白にする方法はデリケートゾーンにとって刺激になっていることを極力減らすことです。キツめの下着やお洋服は通気性がよく体に負担が少ないものに変えてあげることです。

お風呂場でのゴシゴシ洗いはやめて優しく洗ってあげましょう。ターンオーバーを正常な状態にすることも対策のひとつです。規則正しい生活やバランスの良い食事を心がけるようにしましょう。

これらの事を普段から気をつけているだけでもお肌を健康的な状態にすることができますが、すでにできてしまった部分はなかなか消すことが難しいです。

そんなときにオススメなのがデリケートゾーン専用の美白クリームです。使用されている成分は黒くなってしまった部分を薄くしたり消す効果を持っているものをあります。これらの製品にはターンオーバーを促進させる成分をたくさん配合しています。

美白クリームを塗ることで徐々に薄くしてお肌が持っている本来の色に近づけてくれます。美白だけでなく美容成分も多く配合しているので黒ずみケアと一緒に美白や美肌効果にも期待できます。