デリケートゾーン黒ずみは1か月で解消できる?ベスト薬局コスメ

デリケートゾーンの黒ずみで悩む女性は少なくありません。普段は目立たない部位であっても、いざという時のためにケアをしておきたいと考える女性はとても多くいます。でも、デリケートゾーンの黒ずみは部位が部位だけに、友達などに相談もしづらく、また、どうやって治せば良いのか分からない、病院に行くのも恥ずかしい、などという理由からなかなか前向きにケアができないというのが本音のようです。 それならば先ずはデリケートゾーンの黒ずみ対策の製品や解決策などを知ることから始めてみてはいかがでしょう?黒ずみとひとことで言ってもその原因はさまざまです。そうした原因を知り解決策を知れば、自分がやるべきケアが見えてきます。このページでは、黒ずみでお悩み女子のための、デリケートゾーンの黒ずみについての原因とその解消法をまとめています。

デリケートゾーンの黒ずみ解消法4選!自分に合ったのはどれ?

デリケートゾーンの黒ずみは、放っておくとどんどんひどくなっていきます。そこで、これ以上ひどくならないうちに何とか改善しておきたいものですが、果たしてどんな解決法があるのか?ぜひ知りたいところですね。一般的に黒ずみ解消に有効とされている手段は4種類あります。 ・デリケートゾーンの黒ずみ専用のケアクリームを使う ・デリケートゾーンの黒ずみ専用の石鹸を使う ・皮膚科での治療をおこなう(外用薬・レーザーによる治療) ・薬局で市販されている黒ずみケア製品を使う
効果(解消までの期間) 副作用や痛み 解消までにかかる費用
デリケートゾーン黒ずみ専用のクリーム 3ヶ月~1年ほど(個人差があります) 特になし(特性の成分が合わない人もいます) クリームの相場は5000~1万円程度/1ヶ月、5000円のクリームを使ったとすると、3ヶ月で解消される場合15000円、1年で解消される場合60000円くらいが目安
デリケートゾーン黒ずみ専用の石鹸 半年~1年以上(即効性はなく継続使用が必要) 特になし(特性の成分が合わない人もいます) 1000円~2000円程度/1ヶ月
皮膚科での治療 1ヶ月~半年ほど(個人差があります) 使い方によって黒ずみが悪化したり、人によっては肌トラブルを起こす可能性があります 5000円~10000円/1ヶ月
(外用薬の処方) ※保険適用外のため皮膚科によって外用薬の価格は異なります
薬局の商品 半年~1年以上 特になし(特性の成分が合わない人もいます) 1000~2000円程度/1ヶ月(商品によって異なります)

解消方法1:デリケートゾーン黒ずみ専用のクリーム

黒ずみ専用のクリームは、黒ずみの原因を根本から改善する複数の成分が贅沢に配合されていることが特徴です。黒ずみが気になる部位にしっかりと浸透するので、使えば使うほど黒ずみ解消が実感できます。デリケートな皮膚に使うことを前提として作られているため肌への優しさは保証付き、敏感肌やアトピー肌の方でも安心して使える製品設計になっているのも黒ずみ専用クリームの長所です。

デリケートゾーンの黒ずみ専用クリームが人気の理由

デリケートゾーンの黒ずみ専用のクリームが人気となっている理由に、確実な効果というのがあります。黒ずみ専用クリームには、黒ずみの大きな原因として知られるメラノサイトの抑制成分(美白)や、黒ずみが沈着している皮膚をいち早く追い出すためにターンオーバーを正常にする代謝促進成分や保湿成分などが配合されていて、さらにこれらの複数成分がしっかりと肌内部で効果を発揮するような処方が開発されているため、確実な効果を感じられるようになっています。 また、肌への負担も少なく誰でも安心して使えること、自宅で気軽にケアができることなどもデリケートゾーンの黒ずみ専用クリームが人気にもつながっています。毎月の費用は5,000円~10,000円ではありますが、各メーカーの定期コースなどを申し込めば、かなり安く購入することも可能となります。

解消方法2:デリケートゾーン黒ずみ専用の石鹸

洗うだけで黒ずみがケアできるという便利さから、デリケートゾーンの黒ずみ専用の石鹸も人気です。黒ずみ専用の石鹸には、肌表面にこびりついている黒ずみ(古い角質)を除去する成分が配合されていることが多く、これにより黒ずみを解消できる仕組みになっています。このため、洗い上がりがサッパリのものが多く、また、ピーリング効果があるため敏感肌の場合には使えない製品などがあるので注意が必要です。石鹸選びは慎重におこなうことをオススメします。

デリケートゾーン黒ずみ専用石鹸のメリットは?

デリケートゾーンの黒ずみケアの方法は複数ありますが、なかでも黒ずみ対策用のクリームに続き、石鹸でのケアはとても人気となっています。どんなメリットがあるのか見てみましょう。 メリット1.洗うだけでケアができるから簡単 黒ずみ専用石鹸でのケアのメリットはなんと言っても洗うだけで簡単にケアができるということです。お風呂で体を洗うついでに黒ずみケアができてしまうので、忙しい方や面倒くさがりやの方にもおススメできます。 メリット2.黒ずみだけでなくニオイ対策やかゆみ対策までできる 多くの女性は、デリケートゾーンの黒ずみと合わせて、ニオイやかゆみなどの悩みも抱えています。デリケートゾーンに使う石鹸の多くには、黒ずみだけでなくニオイやかゆみのケアができる成分が含まれているため、トータルケアができるというのが大きなメリットです。 メリット3.誰にも知られることなくケアができる デリケートゾンの黒ずみは、できれば他人に知られずケアをしたいものです。黒ずみ専用の石鹸ならお風呂場での使用となるので、家族にも知られることなくケアができるというメリットもあります。 メリット4.敏感肌でも使える 多くのデリケートゾーン用の石鹸は、一般的な全身用石鹸と異なり弱酸性で作られていることが多く、赤ちゃんや敏感肌でも使えるようになっています。このため、どんな方でも黒ずみケアができるというのもメリットになります。

デリケートゾーンの黒ずみ専用石鹸のデメリットは?

洗うだけで黒ずみがケアできるなんて素敵!という声がある一方でホントに洗うだけ黒ずみが消えるの?という疑心の声があるのも事実です。実際にはどんなデメリットがあるのか?まとめてみました。 デメリット1.黒ずみ解消成分としては物足りない 石鹸には肌表面に生じる黒ずみを洗い落す効果や、不要な角質を取り除くことでターンオーバーを促進する効果などはありますが、肌内部の黒ずみの原因となるメラノサイトの活性抑制には効果がないため、パーフェクトな黒ずみケアにはなりません。 デメリット2.洗った感が物足りない 肌に優しいといわれる弱酸性の欠点は洗浄力です。このため、しっかり洗ったつもりでも洗った感じがしなかったり、石鹸のメリットでもある洗い上がりのサッパリ感が物足りないというデメリットがあります。 デメリット3.選ぶ石鹸によっては肌トラブルの危険がある デリケート専用石鹸のほとんどは、赤ちゃんでも使えるほど安心の成分でできていますが、なかには、デリケートゾーン用石鹸と言いながら、実は通常の石鹸と変わらない成分で作られている粗悪品もあります。こうした石鹸を選ばないためには、このページでキチンとデリケートゾーン用の石鹸について調べておくことが必要です。 デメリット4.一般的な石鹸に比べて値段が高い 一般的に全身用石鹸は数百円で購入できますが、デリケートゾーン用の石鹸の場合には、1,000円以上するものがほとんどです。その分、普通の石鹸には入れられない黒ずみ解消成分などが贅沢に配合されてはいるのですが、石鹸で1,000円以上も使えないという堅実な方がいるのも事実です。そしてこれがデメリットと考える方も多くいます。

デリケートゾーンの黒ずみ専用石鹸まとめ

デリケートゾーンの黒ずみに効く石鹸は? デリケートゾーンの黒ずみを解消するソープはたくさん出ているので、いざ購入しようとすると悩んでしまう方も多いと思います。失敗しない商品選びのために、下記の項目は要チェックです。
肌への優しさ
デリケートな部位に使うものだからこそ、肌にとって負担となる人工香料や着色料、石油系添加物などが配合されているものは論外です。成分すべてが天然素材、刺激となるものが一切配合されていないものを選んでください。
保湿力の高さ
毎日使うソープには保湿性の高さも求めたいものです。こうした事を考えると、肌に優しい洗浄成分というだけでなく、プラスの保湿成分が配合されているとより肌が喜びます。
コスパの良さ
デリケートゾーンの石鹸は、1度や2度の使用では効果がありません。それなりの期間、使用して初めて効果が得られるものですから、そうなると継続して購入できる範囲の金額で選ぶことがポイントにもなります。 こうした点から考えるとやはりオススメしたいのはイビサソープです。肌への優しさはもちろんのこと、黒ずみに対応する美白成分も配合、泡立ちの良さや洗い上がりのシットリ感は他のソープに比べても抜群と言えますね。

解消方法3:黒ずみ解消に病院での治療はどうなの?

デリケートゾーンの黒ずみを素早くどうにかしたい!と考えるなら病院での治療がオススメです。病院で治療をする場合には、主に美容皮膚科での診察となり、一般的には外用薬もしくはレーザーによって黒ずみを解消する方法となりますが、症状や患者が望む改善レベルによって治療法を変えることもあります。病院での治療といってもデリケートゾーンの黒ずみは病気ではないため保険適用外となり、治療代はすべて自己負担となります。また、薬に関しては、のちほど詳しく説明をしますが、皮膚に対して副作用リスクも懸念されます。こうしたことを考えると、病院での治療は、たしかに、手っ取り早く黒ずみを解消する方法ではありますが、十分に検討をしたうえでの選択をオススメします。

デリケートゾーンの黒ずみ治療で処方される薬の種類

ハイドロキノン
ハイドロキノンは、黒ずみやシミなどを作り出すメラノサイト(色素母細胞)の働きを抑制し、メラニン(黒ずみやシミなど)を増やさないようにする作用があります。デリケートゾーンの黒ずみはメラノサイトが活性化していることも原因と考えられるため、ハイドロキノンを使うことは、黒ずみケアに非常に効果的と言えますが、ただし、皮膚科で処方されるハイドロキノンは作用が強い分、副作用もあるため使用の際には十分な注意が必要ですし、また人によっては却って症状が悪化してしまうことも考えられます。 ・副作用と注意点 ハイドロキノン薬剤を塗った部位が紫外線を浴びてしまうと、紫外線吸収作用を高めてしまい余計に黒ずみなどが悪化してしまうことがあります。このため、紫外線が直接当たる部位に薬剤を塗る時には必ずその上に日焼け止めを塗る必要があります。また、皮膚科で処方されるハイドロキノンの濃度は非常に高いため、使う人によっては刺激が強く痛みや発疹などが生じる可能性もあります。 ・予算について ハイドロキノンでの治療は、一般的に2週間に1度の通院となります(病院や医師の方針によって異なります)。1回の診察で2週間分のハイドロキノンが処方されますが、予算は3,000~5,000円程度(保険適用外)となります。治療期間には個人差がありますが、3ヶ月を1クールとして黒ずみ改善を目指す方が多く、これを換算すると1回の処方で3,000円、1ヶ月6,000円、3ヶ月で18,000円程度の治療費がかかることになります。
トレチノイン
トレチノインは、ターンオーバー促進作用がメインとなる薬剤です。トレチノインは、皮膚のターンオーバーを意図的に早める作用があります。トレチノインを黒ずみが気になる部位に塗ると、黒ずみのもととなるメラニン色素が沈着している古い角質が剥がれやすくなり黒ずみ改善が可能となります。ハイドロキノン同様、シミやソバカスなどの治療薬としても使われています。 ・副作用と注意点 ターンオーバーを意図的に速める作用があるため、塗り始めて1週間くらいすると、肌表面(角質)がポロポロ剥け始め、人によっては皮膚が赤くなったりヒリヒリとした痛みを感じてしまうことがあります。極度の敏感肌は使えないこと、またデリケートゾーンの粘膜部分への使用は避けるように医師から指導をされるため、使用できる人が限られます。 予算に関しては、ハイドロキノンと同じくらいの相場とかんがえておくと良いでしょう。

デリケートゾーンの病院治療で使われるレーザーの種類

黒ずみ治療で使用するレーザーは主に、レーザートーニングとVホワイトニングレーザーの2種類となります。
レーザートーニング
レーザートーニングは、多くの美容皮膚科で使用されている色素沈着治療に適したレーザーです。もともとは顔のシミやソバカス治療で使われていましたが、近年デリケートゾーンの黒ずみ治療にもレーザートーニングが採用されています。レーザートーニングによる治療は、黒ずみが生じているデリケートゾーンにレーザーを照射し、黒ずみの原因メラニン色素を破壊、これにより黒ずみが消えるというシステムです。従来のレーザー治療と比べると、皮膚への刺激は少なく術後の赤みや痛みなどが残りにくいという特徴があります。レーザートーニングは患者の皮膚状態や黒ずみのレベルによって治療回数も異なりますが、早い場合には1度のレーザ治療で、遅くても5回ほどのレーザー治療で黒ずみが改善される場合がほとんどです。
Vホワイトニングレーザー(インティマレーザー)
デリケートゾーンのなかでも特に特殊な部位となる陰部の治療に特化したレーザー治療となります。今までは難しいとされていた、小陰部や膣内、膣口周辺にレーザーを照射することができるため、さまざまな陰部の悩みに対して治療が可能となっています。これにより、黒ずみ治療はもちろん、膣内の弛緩(しまり)を強化したり、尿失禁を改善したりと、女性のデリケートな悩み全般に応えてくれるレーザー治療としても注目されています。ただし、一般的なレーザートーニングに比べて経済的負担が大きいというのがデメリットにもなります。

解消方法4:薬局の商品

薬局やドラッグストアでもデリケートゾーンの黒ずみケアの商品は購入できます。専用のクリームはちょっと高いし、皮膚科に行くのも少しためらう!と言う方は、薬局で気軽に買える商品から試すのもアリかもしれません。

薬局で購入できるデリケートゾーンケア商品は効くの?効かないの?

薬局やドラッグストアなどに置いてある市販製品は、価格的にもお手頃なものが多く、何より思い立ったらすぐに購入できるというのがメリットでもあります。ただし実際に商品を調べてみると、薬局やドラッグストアなどで購入できるデリケートゾーンの黒ずみ対策のアイテムは少ないのが現状です。今回紹介したアイテムもデリケートゾーンに特化した製品は非常に少なく、ボディ用の製品を黒ずみケアに使用するというものが多くなっていました。薬局でデリケートゾーンの黒ずみ商品を購入するのは恥ずかしいと思う女性も多く、そうしたことからなかなか市販では売られていないというのが理由です。 また、お値段的にお手頃ではあっても、成分や商品設計などがデリケート部分の黒ずみに特化しているわけではないため、効果が専用のクリームなどに比べて下がってしまうということも懸念されます。こうしたことを考えるとやっぱりデリケート部分専用の製品がオススメというのが正直な意見になります。

デリケートゾーンの黒ずみはなぜ起きる!5個の原因をズバリ解説

女性の皮膚はとってもデリケートなので、ちょっとの刺激でも皮膚は過敏に反応、黒ずみにつながってしまいます。ビキニラインやバスト、ヒップラインなどのいわゆるデリケートゾーンは、普段はあまり目立たない部位ということもあり、知らない間に黒ずみが進行、気づいたら皮膚が黒ずんでいた!と嘆く女性もたくさんいます。こんな時には、デリケートゾーンの黒ずみを改善する方法を知ることも大切ですが、黒ずみの原因を知ることもとても大切ですね。美しいボディのために黒ずみは絶対になくしたい!そう思うなら先ずは具体的な黒ずみの原因を知り、黒ずみにくい体を目指すことも意識してみましょう。

黒ずみの原因1:下着や肌着などの摩擦による黒ずみ

普段何気なく付けている下着や衣服によって皮膚が擦れることで黒ずみが生じます。特にデリケートゾーンといわれるビキニラインやバスト、乳首などは、皮膚自体が非常に敏感なため、ちょっとの刺激でもすぐに皮膚が炎症を起こし、メラノサイトが活性化、メラニン(黒ずみ)がたくさん作られてしまいます。また、下着や肌着などで皮膚が擦れることで、皮膚の防衛本能が働き皮膚を厚くしようとします。そしてこれが角質肥厚にもつながりくすみや黒ずみにもつながります。こうした黒ずみを防ぐには、日頃から締め付けのキツイ下着などは付けない、また化学繊維などの下着は炎症の原因につながるので、できるだけ天然素材の下着や肌着を身に付けるようにすると良いでしょう。

黒ずみの原因2:間違えたムダ毛の自己処理

ワキやビキニラインなどのムダ毛が気になるからと、つい自分で処理をしてしまいがちですがコレも黒ずみの大きな原因になります。カミソリでムダ毛を剃る行為は、ムダ毛と一緒に肌表面の角質層まで剥がしてしまうことになり炎症につながります。また、毛抜きでムダ毛を抜くことも同じく皮膚内部の炎症につながり黒ずみの原因になります。こうしたことを考えると本来ならばできるだけムダ毛の処理は自分でおこなわず専門のサロンなどにお任せするのがベストです。

黒ずみの原因3:脱毛サロンでの脱毛

さきほど、ムダ毛の自己処理は黒ずみの原因になるので脱毛サロンなどでおこなうのがベストとお伝えしましたが、脱毛サロンでの脱毛でも黒ずみになることがあります。ただし、これは、サロン側の機器操作ミスなどで間違えた周波数で施術をしてしまったり、1度で多くの光を当ててしまったり、施術後のケアを怠ったりした場合に限ります。なので、信頼できる優良なサロンに通う分には心配する必要はないと言えます。ただし、最近の脱毛サロンブームで粗悪店も増えているのも事実です。これからサロンに通おうと考えているなら、しっかりとしたサロン選びをすることが黒ずみを予防するうえでも大切になります。

黒ずみの原因4:お風呂でのゴシゴシ洗い

黒ずみが気になり始めたばかりの頃は、つい気になってお風呂でゴシゴシ洗ってしまいがちですが、実はコレも黒ずみをさらに悪化させてしまう原因になります。人間の皮膚はただでさえデリケートですから、ちょっと擦っただけでもすぐに刺激となり炎症を起こしてしまいます。これに加えて黒ずみが少しでも出ている部位はよりデリケートになっているため、ゴシゴシ擦るのは絶対に避けるべきです。黒ずみが気になる気持ちは分かりますが、ゴシゴシ擦ったからと黒ずみは改善されません。むしろ、デリケートな部位だからこそできるだけ擦らずに優しく丁寧に洗うことを意識してください。

黒ずみの原因5:ホルモンバランスの乱れ

女性にはエストロゲンとプロゲステロンの2種類のホルモンが存在し、それぞれがバランス良く働くことが健康を維持したり、女性らしい身体を作るうえで大切になります。ところが、生理や妊娠、ストレスや睡眠不足などでこの2種類のホルモンバランスは簡単に崩れてしまいます。その結果、体に不調が表われるばかりでなく、肌機能が正常に働かなくなり黒ずみとなって表れることがあります。妊娠中や出産後、生理中などに乳首が急に黒ずんでしまうことがありますが、これも女性ホルモンのバランスが関係していると言われます。ホルモンバランスをつねに良好に保つには、規則正しい生活、バランスの取れた食事、質の良い睡眠をとることが必要です。デリケートゾーンの黒ずみを改善したいなら、生活面においても気を付ける必要があるということですね。

デリケートゾーン黒ずみについて原因と対策のまとめ

デリケートゾーンの黒ずみの原因は1つだけではなく、いろいろな要因が重なってできることがほとんどです。ですから、それぞれの原因をよく理解して対策をとることがとても大切ですが、黒ずみができるメカニズムとして共通しているのは、 ・メラノサイト活性によるメラニン生成 ・ターンオーバーの乱れによる角質肥厚 以上の2点となります。 つまり、皮膚の黒ずみを改善するにあたり必要となるのは、メラノサイトの活性化を抑えてくれる成分(美白成分)とターンオーバーを正常に戻してくれる成分の2種類です。そして、デリケートゾーンの黒ずみ専用クリームには、この手の成分が贅沢に配合されているものが多いため、使えばキチンと効果が実感できるので、黒ずみをキチンと効率良く改善したいなら、やはり黒ずみ専用のクリームなどを使うべきですね。 特に、下着の摩擦やムダ毛の自己処理などによる黒ずみは長年蓄積されているものですから、成分的にしっかりとしたものを使ってケアをする必要があります。まだ黒ずみ専用クリームを使ったことがないという方は、ぜひ、自分に合ったものを探し早めに対策をとり、1日でも早く黒ずみとサヨナラしたいものですね。

その他のページ

デリケートゾーンの黒ずみ対策ランキング まとめ デリケートゾーンの黒ずみにおすすめの美白クリームの特徴 デリケートゾーンの黒ずみを美白にするための対策と方法 デリケートゾーンの黒ずみを美白にするアイテムの口コミ まとめ